■風間旅人随想

むかし、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』というテレビ番組があった。ともすれば善悪で決着したがる世相の中で、私は普通という感覚に惹かれていた。普通の子が好きだった。

ウソをついて良いのか、それとも悪いのか。私にとって、結構重大な課題だった。子どもの頃、「宿題済んだ」とウソをつかなければ、友だちと遊びに行けなかったし、ウソをついて良いのか、悪いのかはしょっちゅう判断が付かないでいた。人をおとしめるウソは絶対にいけない、とわかるのだが。

事業で、田んぼをつくることになって、あぜの草刈りをどうするかが問題になる。「美しい田んぼ」をつくろうと決めて農業事業に乗り出したからだ。美しい田んぼはあぜの草刈りが決め手になる。草刈りが行き届いている田んぼは遠目に見ても美しい。

しかし、草刈りをしなくても田んぼの稲は生長する。見た目はどうであっても稲は大きくなる。それに、草刈り作業は重労働で結構たいへんだ。

田んぼのあぜの草刈りはしたほうが良いか、しなくても良いか。両論あると思うが、私は、美しい田んぼ=草刈りの行き届いたあぜ、だと思っている。そう思っているから、スタッフ総出で朝早くから草刈りをする。草刈り機があちらこちらでうなっている。

田んぼのあぜが草ぼうぼうか、きれいさっぱり、か。どっちが良くてどっちが悪いか。

美しい田んぼが良い。気持ちが良い。うちが耕作している田んぼは見渡す限り美しいほうがよい。田んぼは美しいのが「普通」なのだ。

国道沿いの草刈り、安全地帯の草刈り。いつの頃か放置されて、草は伸び放題になっている。かつてあんなに整備されていたのに、税金の無駄遣いとかで、政治的にやめになったらしい。

国道沿いも、美しい田んぼ同様に、美しい国道沿いが良い。美しい田んぼも美しい国道沿いも、それが「普通」なのだと思うのだが。それが普通感覚だと思うのだが。
(西)

■OCHIAI 生ビールと枝豆!

ジョッキ片手に、美味しい枝豆はいかがですか!7月下旬、山形県産のおいしい枝豆がやってきます。香りが良く、甘みも強くて美味しい枝豆は【生ビールと枝豆】という普通にある組み合わせを、美味しい!と思わせてくれます。これは、普通だけどおいしいというOCHIAIのコンセプトそのままです!枝豆が生ビールを引き立ててくれること、間違いありません。お楽しみに。また、OCHIAIで人気のメニューなのがこちら。『やのくにしいたけカツ丼』790円(税込)。「このしいたけは、すごい肉厚で美味しいね」と評判です。そして、食べてみると豚肉が入っていないのに、食べた感じはとんかつみたい!?ぜひ食べて頂きたい一品です。そして、大好評の『もんちゃんまんじゅう』300円(税込)は味が5種類になりました!定番のベーコンエッグ、つぶあん。そしてそこに、米粉カレー、チャーシュー、コーン&ウインナーが仲間入り。「わぁ!可愛い!」と、まずは見た目で視線をくぎ付けです。もちろんどの味も美味しい!!人と人が落ち合うところOCHIAIは美味しいお料理で皆様の笑顔を支えます。ぜひお立ち寄りください。

営業時間:11時~14時 17時~21時
火曜定休
熊毛郡田布施町大字上田布施1563ー1
TEL:0820-25-1511

■米粉パン工房golmarl(ゴルマール) 安心して食べられる

golmarlの米粉パンには小麦が一切含まれておりません。ノングルテンの認証を取得した『やのくに純真米粉』を100%使用して製造しています。町でよく見る米粉パンには小麦が2割ほど含まれているそうです。これは小麦グルテンがパンを膨らませてくれる役割をもっているからです。しかしながら、グルテンが小麦アレルギーの原因ではと指摘している方もいらっしゃいます。それならば、アレルギーを引き起こす可能性があるものをすべて使用せずにおいしいパンを作れたらいいなというところから、golmarlの歩みは始まりました。私たちは試行錯誤を重ね、小麦グルテンがなくても、ふっくら、もちもちとした、ノングルテン米粉パンを完成させることができました。小麦アレルギーの方はもちろんのことグルテンフリー生活をされている健康志向の方や小麦のパンが苦手な方にも安心して食べられるノングルテンの“生”米粉パン。アレルゲン27品目も使用しておりません。おかげさまで、多くのリピートをいただいております。また、6月からは阪神百貨店 阪神梅田本店でも販売させていただいており、大好評をいただいております!是非お召し上がりください。

米粉食パン
1.5斤
1112円(税別)
米粉コッペパン
1本
352円(税別)

営業時間:10時~売切れ
火曜 定休
田布施町大字上田布施221ー21
TEL:0820-25-1556
米粉パン工房golmarl(ゴルマール)

■やのくにアンテナショップ のそ だから美味しい!“のそ”の米粉カレー

アンテナショップ“のそ”の「インドのとなりの米粉カレー」、見た目は牛肉のみのサラッとした感じのカレーソース。ノングルテンやのくに純真米粉を使用。だから、その他の材料も小麦粉不使用のものにこだわっています。中でも調味料にウスターソースを使っていますが、それもこだわりシェフの手作り。そのソースを作るのに使用する醤油ももちろん、小麦粉を使っていないものを厳選しています。見えないところで美味しいカレーを支えています。ほぼ毎日このカレーを食べているスタッフ、なんだか調子いいみたいです。20種類のスパイスに野菜の旨味とフルーツの甘みがギュッと詰まった【カレーよりうまいカレー】。おかげさまでリピートのお客様も増えています。一口目は辛い、食べ終わったあと…美味しい!スパイシーでヘルシーな「インドのとなりの米粉カレー」、ご賞味ください。

インドのとなりの米粉カレー
800円(税込)

コーヒーセット
1050円(税込)

米粉パン・コーヒーセット
1250円(税込)

営業時間:10時~17時
カレー11時~15時
15時~コーヒーのみ
火曜定休
田布施町大字下田布施676-13
TEL:0820-25-1158

■農業事業部 お米は縁の下の力持ち

おかげさまで今年度も田植え作業が無事に終了いたしました。私たちは、「やのくに米」が美味しく、また豊作でありますようにと、まずは圃場(田んぼ)を草刈りで清めるところから始めています。毎日、草を刈ってみそぎをおこなっているのです。草刈りは、地味で必要ないと思われるかもしれませんが、神様に向かう作法の第一として考えています。そのおもいが実ったのか、うれしいニュースが2つありました!①商標登録に「やのくに純真米粉」が認定されました。純度100%の米粉を作ろうと始まった米粉プロジェクト。真っ白な米粉を作るには、作り手の純真なおもいが欠かせないとの社長の念いから「純真米粉」と名付けられました。②そんな「やのくに純真米粉」を使ってくださる、米粉天ぷら工房「天」が、福岡市西新にオープンしました。揚げたての米粉天ぷらは最高です。福岡に行かれる際には、ぜひお立ち寄りください。

お米そのままだけでなく、米粉にも力を入れることで、みなさまの「食」を支え続けていきたいと考えています。まさに、お米は縁の下の力持ちです!

TEL:0820-53-2100(株式会社ネティエノ)
やのくに米粉ホームページ

■フランス食堂 支えられて

身体を支える「食」、安心安全プラス美味しいものをご提案できるようにとメニュー作りをしています。そして出来上がった一品が、【 豚スペアリブの柔らか煮 】単品 980円(税込)。トマトソースでじっくりと煮込み、お肉が骨からホロホロと外れてとても食べやすく、ご飯に合うんです。そんな人気メニューを支えてくれているのが、 やのくに米のライス。当社が地元田布施で丁寧に作りあげたお米、やのくに米は、ファンがたくさんいらっしゃいます。真っ白でふっくらほんのり甘みのあるご飯。是非一度 美味しいものいっぱいの田布施に、そして、フランス食堂にお越しください。皆さまのご来店をスタッフ一同、笑顔 でお待ちしております。

営業時間
10時30分〜21時
水曜定休
田布施町大字下田布施504-1
TEL:0820-52-4042
「フランス食堂」は、山口県田布施町にある。

■喫茶 望(も) お肉で元気!

やのくに食施設の中でもひときわ個性的な、ベトナム料理・薬膳料理の喫茶 望。薬膳料理とは、『医食同源。日々の食事は薬を飲むことと同じくらい重要である』という考え方に基づいています。肉や野菜などの食材。そして生薬が持つはたらきを組み合わせ、心と身体を『元の気』に戻すお手伝いをします。『薬』は使っていません。その薬膳料理のなかで、今イチオシは【超・青椒肉絲】。国産牛ランプ肉と旬のピーマン、黒キクラゲ。そして漢方薬としても使われる冬虫夏草が入ってます!これから夏本番、毎日がんばるあなたに、召し上がって欲しい!

超・青椒肉絲定食
1500円(税込)

超・青椒肉絲単品
800円(税込)

営業時間:10時〜21時(20時30分ラストオーダー)
木曜定休
田布施町大字波野2161-7
TEL:0820-51-3788
喫茶 望(も)

■フォーク酒場 どんじゃらほい 夏のシメ料理は

全国各地の食材を使用したメニューの中でも、東北料理が一番多いどんじゃらほい。夏にオススメ東北料理は、盛岡の名物【盛岡冷麺】850円(税込)です。ジャガイモのでん粉を主に使っている為、麺のコシが強く、喉ごしがいいのが特徴です。一度食べたらハマるかも!キムチや、カクテキ、リンゴのスライスがのせてあるのも珍しい。キンキンに冷えたビールを飲んで今日一日の打ち上げ会や、どんじゃらほい!ほい!と盛り上がった後のシメに最適な一品です。涼しい2階の座敷の部屋で、宴会や食事会のご予約もお待ちしております。明日への活力充電の場として、あり続けていきます。

営業時間
11時〜14時
18時〜22時くらい
日曜定休

毎週火曜日は禁煙になります。他の曜日は店内喫煙可です。

田布施町大字下田布施710-3
1F (ピクロスそば)
TEL:0820-52-8098

■Cafeのも ひんや~りの夏

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に…、夏祭りの夜に…。あの頃のかき氷は忘れられない。そんな夏の風物詩【かき氷】が、今年もCafeのもに登場!なんといっても自慢は、衝撃的な氷のふわっふわ感。そして口に運べばスーッと溶け、広がるシロップとの絶妙なマッチング。目の前でみるみるうちに大きくなるかき氷にビックリ!?大事なことなので、もう一度言います。とってもふわっふわなのです!なかでもおすすめは『宇治金時』。抹茶の粉から作った本格手作り抹茶シロップは絶品の味わい。遠方からの『宇治金時』ファンも。他にも昔ながらの『いちご味』と『メロン味』、マンゴーの果肉をちりばめ、パンナコッタを添えて、マンゴージェラートをのせた大人気の『マンゴーアイスかき氷』もご用意しております。ひんや~りとっておきの時間をお過ごし下さい。暑い夏、がんばる皆様を応援します!

【かき氷】
☆マンゴーアイスかき氷630円(税込)
☆宇治金時450円(税込)
☆いちご味・メロン味 各290円(税込)

営業時間:9時~17時(モーニングタイム:9時~11時)
火曜定休 田布施町大字上田布施1123ー1
TEL:0820-53-8686

■仕出し よわもんの うらめし屋 土用丑の日 うな重

江戸時代から続く夏の風物詩の一つ、土用丑の日。今年は、7月27日(土)です。うらめし屋では、ドドーンっと、自慢の【うな重】2000円(税込)をご用意しております。夏の暑さに負けない、早めのスタミナアップには、うな重が一番!電話一本、前もってご予約いただければ、職場やご自宅へドドーンとお届けいたします。「届けてくれて助かるわ~」と、お客様。昼の弁当販売出張所“乗ったまま弁当販売”でも、受け取りができますので、どしどしお電話ください。お待ちしてます。

営業時間:8時~18時(田布施町・平生町一部・柳井市一部・光市一部お弁当お届けします。配達ルートによってはお届け出来ない場合もございます。ご了承ください)
水曜定休(いつでも対応します。)
田布施町大字下田布施504ー1
TEL:0820-52-4042 (フランス食堂)

■(株)ネティエノ おいしさの秘密

暑さが本格化。毎日たっぷりのお水を飲んで健康に過ごしていただきたい…。そこでネティエノオリジナル浄水器“のあな”です。おかげさまで販売を始めて24年。「おいしい!」と全国から喜びの声をいただいております。おいしさの秘密は…中身の本体カートリッジ「ミニトンク」にあります。3種類の高性能活性炭と8種類のセラミックス層からできていて、山の湧き水のように、大自然の摂理を活かしたシステムです。みなさんに安心とおいしさをお届けします。おいしい“のあな”の水を毎日たっぷり飲んで、この夏を元気に乗り切りましょう。

浄水器のあな
21万8116円(税込)

のあな本体カートリッジ ミニトンク
6万6096円(税込)

営業時間
10時〜18時 水曜定休
田布施町大字下田布施682ー8(西京銀行隣)
TEL:0820-53-2100
(株)ネティエノ

■岩盤浴ヨレム 夏こそ岩盤浴がいいのだ!!なぜ?!

夏岩盤浴。ハマっているかた、急増中。暑い夏こそ、岩盤浴。夏の身体はクーラーや冷たい食べ物、飲み物で、案外冷えています。そして屋内外の温度差で、たくさんのエネルギーを使っているそうです。そのため疲れやコリ、熱をため込んでしまい、夏バテの元になっているのだとか。岩盤浴で、身体を温めて、サラサラで気持ちいぃ汗とともに、疲れやコリ、たまった熱を流しませんか?さらにスッキリしたいかたは、【コリを抜く超足芯術】とセットがオススメ。どちらもゴロンと横になっているだけでいいのがうれしいですね!

岩盤浴100分
1500円(税込)

営業時間:10時~23時(最終受付21時20分)
木曜定休
※ご予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336ー20(田布施駅前旧商店街)

TEL:0820-52-0730
岩盤浴ヨレム

■不動産の (株)ピアレックス 土地を褒めるのが仕事です。

家はよく褒められるが、土地はなかなか褒められない。確かに、華があるのも、いろいろな見どころがあるのも建物やその設備です。でも、土地が無いと家は建てられません。土地がスポットを浴びるのは、家を建てる前の更地の状態の時ぐらいでしょうか。新築用地に選んでもらったら、そこから何十年もの間、ただ無言で家を支え続けます。使っていない土地がございましたら、ピアレックスにお声掛けください。看板を立ててアピールのお手伝いをしたり、広告やホームページに掲載して思いっきり褒めたりすることも私たちの仕事です。買主様を探すとともに、ご依頼いただいた土地に新たな役割を見つけられたらと願っております。頑張る土地を応援します。

営業時間:9時~18時
年中無休
田布施町大字下田布施985ー7
TEL:0820-52-5113
(株)ピアレックス

■栗まんの やの里(くに)本舗 懐かしい味

「ふるさとには、名物となるお土産が必要だね」。ということで、昔から馴染みがあって懐かしい味の『栗まん』になりました。「刻んだ栗が入った白あんがいいね、ひとつずつ個包装にしよう、ちょこっと食べられる2個入りもあるといい!」こうして生まれました。お茶請け、お土産、法事にと、幅広くお遣いいただいています。当店の商品をぜひお役立てください。包装、紙袋など、気軽にお問い合わせください。お電話、お待ちしております。

穂の風栗まん
9個入
1200円(税込)

おひとりさま栗まん
2個入300円(税込)

おらが最中 岸さんと佐藤さん
10個入
1800円(税込)

あびるもなか
8個入
1500円(税込)

営業時間:9時~18時 水曜定休
柳井市中央2丁目3ー6(柳井駅正面の通り沿い)
TEL:0820-22-0034

■うれしい新聞第157号 編集(株)人生経営 波賀望人

入社してまだ4ヶ月目ですが、中学1年生まではやのくにで暮らしていたので、私にとって、やのくにはこころの拠り所である、ふるさとです。私が暮らしていたころに比べて、施設が増え、やのくにはどんどん大きくなってきました。大きくなっていくにつれて、「こころの拠り所やのくに」として、みなさまを支えることができるようになったと思います。いままでは、自分たちが「こころの拠り所やのくに」と思って、いろいろとやってきましたが、これからは、「こころの拠り所やのくに」と、みなさまから自然に思っていただけるように、充実した下支えを提供していきます。

■うれしいクイズ

★クイズ1
OCHIAIの人気メニューの名前は?
「やのくに○○○○カツ丼」
①ハム
②しいたけ
③最後に愛は

★クイズ2
Cafeのものかき氷を、どのように表現していたで
しょう?「衝撃的な氷の○○○○○感」
①かっちかち
②ふわっふわ
③ひんや~り

★クイズ3
のあなのおいしさの秘密は?
①ミニトンク
②ビッグベン
③ミニ四駆

★全問正解された方の中から抽選で3名様に、喫茶 望ペア無料お食事券・フランス食堂スペシャルランチお一人様無料お食事券・大好き昭和亭ペア無料お食事券・Cafeのもペア無料お食事券のいずれかをお送りいたします。応募の際に、ご希望をお書き添えください。
★解答は、メール本文に、
①クイズの答え(3桁の数字)
②ご希望のご招待券
③氏名(ふりがな)
④年齢
⑤電話番号
⑥ご住所を書いて、
tabuse8@gmail.com
へ送信ください。

※官製ハガキでの応募もできます。
〒742ー1511 熊毛郡田布施町大字下田布施682ー8
   (株)ネティエノ 宝島田布施うれしいクイズ係
締め切りは8月14日(水)18時着です。

QRコードからもメール可能です。カメラ付き携帯電話で読み取ってください。

うれしい新聞 第156号 宝島田布施うれしいクイズの正解は、①①②でした。

●風間旅人随想

『仮説会議』とはどういうものなのか、また、MAO(自分自身との対話)をしてする仮説会議のポイントを教えて下さい。
私が提唱している『仮説会議』についての質問です。

動員をかけていて、相手がどういうときに出てくる(応じる)か、どういうときに出てこない(応じない)のかというと、誘いに魅力を感じれば出てきますし、魅力がないときは来ないだけの話です。こういうことをみんなで考える場が仮説会議です。

お客さんはこういうときに来ようと思うか思わないかはいったいどこにあるかというと、「行ったらどんなおもしろいことがあるかな」とか、「自分が片付けたいことが片付くかな」とか、そこに何かの価値を見出すか、魅力を見出すかどうかだと思います。

その細かいところをMAOしたら(自分に聞いたら)よいのです。「こういう場合、こういうふうに言われるとうれしいよね」という感じかな。

大概に言えるのは、褒められるとうれしいですよね。けなされると嫌だけど、もっと嫌なのは無視されることですね。とにかく、呼びかけてその人がやって来たら絶対に無視しないことです。「本当にあの人が来たよ」とビックリしてしまって、こっちの方がうろたえて声をかけられなかったら、その人はもう二度と来ません。やっとの念いで来た人には、「よく来てくれました。どうぞ、どうぞ」という、そういうふうに、そこにいる間中、念いをかけてあげると、その人はまた来ようと思いますね。

こんなことを前もって仮に考えることです。「来たときはどうする?」ということを話し合う場です。仮に説を立てる会議です。仮設トイレの仮設ではなく、仮説の会議です。

目の前のことは描けるのですが、その目の前のことが動くということは次もこう動くよね、そして結局こうなるよね、などということを描かないでその場を迎えると、まさに「ほったらかし」になります。

その人がやって来て、「いらっしゃいませ」とニコッと笑うところまでみんなは想定していますが、その後どうするのか。言ったきり何も案内しなかったとか、わからないことをちゃんと説明できなかったとか、教えてあげなかったらほったらかしにされたと思ってしまいますから、そういうことも全部想定して、最後の最後まで描いて、「こうだよね、こうだよね。帰っていく。それを見送るよね」と、そこまで全部想定して手を打つ。そのために仮説会議を開くのです。

そうすると、人間にはいろいろな人がいると思いますが、そんなにたくさんの種類はいません。こういうときはこのように動くというのがだいたい決まっています。そういうことがわかります。何度かそれを想定しておくと、「これはこのように手を打たなければいけない」というのがわかってきます。

MAOをしてする仮説会議というよりも、仮説会議そのものがよくわかっていないと思います。お客さんの気持ちを先回りして読むこと。これが仮説ですね。

今回は誰々さんと誰々さんに声をかけているから、来るかもしれないからね。来たとするじゃない?そうしたらここでまず戸惑うから、受付をさせてサッと案内してね。講演のときはいいけど、終わったら「どうでしたか?」とニコッと笑って声をかける。「また、お待ちしています」と言って送り出すところまで一応想定しておかないとね。と、そういうことをすることです。

ここで、「この人はどういうふうに声をかけると喜ぶかな」ということをMAOしてください。この人にだけ通用する言葉というのをMAOしたらいいと思いますね。MAOしたらわかります。

しばらく来ていない人が来たら、気持ちとしてはその人は「来てやった」と思っています、言葉は悪いけど。どの程度自分を扱ってくれるかなというのが一つは不安で、一つは期待で、そう思いながらおそるおそる来ていますから、それをいい方に裏切ってあげないとね。ややこしいですが。
(西)

●OCHIAI OCHIAI、開店!

人と人が落ち合う場所、出会う場所、それがOCHIAI。上田布施にある築119年の商家が、大改築を終えて開店した。社長が学校の行き帰り、いつも通る道にこの商家があった。小さい頃おつかいをたのまれるのが楽しみだった。初めて飲んだ、薬のような味に思えたコカコーラもそう。この店と共にある思い出。とにかくここ(落合)にくれば何でもあった。買い物ついでにちょっとした会話を交わす。ここに暮らす人たちにはなくてはならない場所であり、憧れの場所。昔からあった建物や景色はそのままに。大事な思い出はそのままに、のおもいで、やのくにくにづくりを進めている社長。だから、塩(スバル)の看板、ペプシコーラの看板、TOBACCO(タバコ)を売っていた店先(今は扱ってないです)も、自動車学校入校申し込み受付の看板も、当時のままに残している。そして、これから先ずっと残っていくようにとの願いを託した、社長の一貫した方針をわかりやすく現したノングルテン米粉食パンを製造販売しているgolmarlの看板を新しく付けた(ちょっとレトロな感じにアレンジして)。OCHIAIは、江戸時代の茶店のような、旅籠のようなイメージ、誰もが気軽に寄り合い、なんだかんだの話をして、元気になって歩き出していって欲しい。だからOCHIAIで提供する食事は普通の食事。ただ、社長がこだわったのは美味しい魚を味わって欲しいというおもい。昔は、ここら辺りでは、流通の関係からか、新鮮で美味しい魚が手に入りにくかったそう。だから、OCHIAIでは、普通だけれど美味しい魚料理を…。新鮮で脂の乗ったサバやアジが食べられる店。夜は居酒屋として、お酒を飲みながら会話や食事を楽しんでもらいたい。OCHIAIは、そんな場所としてオープンした。気軽にお立ち寄りください。

さば煮定食
980円(税込)

あじ南蛮漬定食
1180円(税込)

やのくにしいたけカツ丼
790円(税込)

※その他各種メニュー有り
営業時間:11時~14時 17時~21時
火曜定休

熊毛郡田布施町大字上田布施1563-1
TEL:0820-25-1511

●米粉パン工房golmarl(ゴルマール) 100%米粉のパン

米粉パン工房golmarlの物語。当社社長があるTVのドキュメンタリー番組を見た時のことです。ドイツのパン屋での話、パンが好きだけど小麦アレルギーでパンが食べられない女の子のために、パン屋のマスターが日本から取り寄せた米粉を使ってパンを作り、女の子が嬉しそうに食べているという内容でした。「ドイツで小麦アレルギーの人がいるのならヨーロッパでは小麦アレルギーは当たり前だよね。日本にも、まだ知られていないけど小麦アレルギーの人がいるよね」と思ったのがきっかけで、「米粉100%のパンを作ろう」との念いから“やのくに純真米粉”が出来ました。しかし、米粉パンを作っているパン屋さんに米粉を持って行った時、2割ほど小麦グルテンを入れて作っているという、衝撃的な事実が!!小麦グルテンが入ったところに純真な米粉を卸すわけにはいきません。純真米粉だけを使ったパンを、米粉パン屋を作ろう、という社長の念いがカタチとなって【米粉パン工房golmarl】ができました。最初は生地が膨らまなかったり、生地が溢れてきたり、真ん中が空洞になったりと、なかなか上手くできませんでした。研究を重ね、あるたった一つに辿り着きました。それが『純真な念いで作ること』。純真な念いで作ることで、おいしい米粉パンが出来たのです。誰もが安心して食べられる100%米粉のパン。おかげさまで全国から純真な米粉パンを求めてご来店いただいております。小麦とは違うもちもちふわふわの焼き立てを、是非お召し上がりください。

米粉食パン
1.5斤
1112円(税別)

米粉コッペパン
1本
352円(税別)

営業時間:10時~売切れ
火曜 定休
田布施町大字上田布施221ー21
TEL:0820-25-1556
米粉パン工房golmarl(ゴルマール)

●やのくにアンテナショップ のそ インドのとなりの米粉カレー

「小麦粉ではなく、うちの純真米粉でカレーを作ろう」と社長、この道43年のシェフに投げかけた。何度となく試作を重ね、ようやく納得のいくカレーが出来上がった。ということで、やのくにアンテナショップ“のそ”のカレーコーナーが誕生しました。小麦アレルギーの子どもたちが安心してパンを食べることができるようにと、golmarlのノングルテン米粉パンが実現し、そしてカレーも。純真米粉はもとより、調味料も小麦を使用していないものにこだわった、『インドのとなりの米粉カレー』を、やのくにアンテナショップ“のそ”にて是非、お召し上がりください。

インドのとなりの米粉カレー
800円(税込)

営業時間:10時~17時
カレー11時~15時
15時~コーヒーのみ
火曜定休
田布施町大字下田布施676-13
TEL:0820-25-1158

●岩盤浴ヨレム サラサラの気持ちいぃ汗を流そう♪

梅雨の時季。さぁ、岩盤浴の出番です。岩盤浴でかくサラサラ汗でこんなにスッキリするなんて!「昨日今日と続けてきたら、今日のほうがいい汗出たよ!」なんて声も届いています。店内の清潔には細心の注意を払っています。(いつでも一番風呂の心地よさ!)全館まるごと【のあな水】の岩盤浴ですから、安心して入浴いただけます。遠方から来られたかたが、ゆっくり休憩できる【のあな】の銭湯があるといいなという、社長の念いから出来た、岩盤浴ヨレムで気持ちいぃ~汗かく習慣を、今の内に身に付けることをおすすめします。

営業時間:10時~23時(最終受付21時20分)
木曜定休

※ご予約いただくと確実です。手ぶらでどうぞ。
田布施町大字波野336ー20(田布施駅前旧商店街)
TEL:0820-52-0730
岩盤浴ヨレム

●技倆総合学院EWO(エウォ) 心も体も、スッキリ元気に!

新年度が始まったばかりで令和に元号が変わり、何かが違うと感じているかたも多いのではないでしょうか?時代の変化に付いていけないと感じているかた、心と体も付いていっていないかもしれませんよ。なんかスッキリしない、モヤモヤが続く、体調がすぐれないかた、早めに手を打つことをおススメします。ストレスが、何かしらのコリになっていると思われます。【コリを抜く超足芯術】は、目に見えないところの心と体のコリの奥まで届いて、ググっと抜き取っていくような施術です。他にはないスッキリ感と元気が湧き、令和仕様の体になること間違いなし!!是非一度、ご体験ください。

★EWOのおススメコース★
超足芯術
セミロングコース
60分5658円(税込)

頭皮揉術健康法
(頭皮マッサージ)
30分3086円(税込)
足裏健康法KUQ(足つぼ)
35分3086円(税込)

営業時間
10時~18時 木曜定休
田布施町大字下田布施683ー1(西京銀行隣)
TEL:0820-51-2628

●農業事業部 美しい田んぼ作り

農業人口の減少がどんどん進む中、当社は約3年前、農業事業に舵を切りました。合言葉は「美しい田んぼ」。当社社長の出身地でもある田布施町も休耕田が目立ちます。「せめて自分が生まれ育った地元は、美しい田園風景を残したい」との念いで、地元の休耕田を引き受けています。社長からの農業事業部への指導はたった一つ。「美しい田んぼを維持すること」です。稲作りをするだけではありません。畦の草刈りを徹底して行っています。景観ももちろんですが、お米作りに直接関係のないと思われるようなことにでも手間暇をかけることで、よりお米に対する愛情が湧き、それが美味しく安心安全な『やのくに米』へと繋がっていくのだと認識しています。昨年には、お米の消費を増やそうと、さらにもう一歩踏み込み、自社で工場を建て米粉事業に乗り出しました。真っ白なおもいで作る、真っ白な『やのくに純真米粉』です。最高品質を目指し、おかげさまで全国第2号の「ノングルテン認証」をいただきました。そして今年、その米粉を使ったノングルテン米粉食パンが誕生しました。がんばれ日本農業。本気で農業に取り組んでいます。

問い合わせ先
(株)ネティエノ
TEL:0820-53-2100
ネティエノ 農業事業部